推進支援会

 MESSAGE

 

特集 稲田新会頭

少子高齢化の進行に伴う人口減少社会が現実のものとなってきている中、私たちの静岡県東部地域にも、その影響は確実に表れて始めています。かつては国際的メーカーの大型工場が集積した当地域も、首都圏近郊という立地優位性の低下、産業のグローバル化の進行、ものづくり拠点の地域外流失など、刻々と変化する社会経済環境への対応に迫られてきており、また、富士・箱根・伊豆という国内有数の観光資源をより魅力的なものとし、地域への観光客、宿泊客を呼び戻す取り組みが望まれております。

その対策として、これまでにも企業立地や住民受入れ、観光交流など様々な手法やプロジェクトが実施されてきましたが、より一段の進化を目指すためには、市町の単位を超える連携により、地域が一体となり課題に挑戦していく姿勢が必要とされるのではないでしょうか。

平成23年、静岡県東部地域の市町において、エリア全体のマネジメントや将来像を共有することを目的とし、地域の「グランドデザイン」を描くことが決議され、平成24年度末には、地域経済団体を主体として「静岡県東部地域グランドデザイン」が策定されました。「静岡県東部地域グランドデザイン」は地域内外の産官学民がさらなる連携を深め、新しい価値を創造し、製品やサービスの開発につなげることを目指しており、自立型の地域経済圏の構築に向けた「地域の成長戦略」とも言えます。その基礎として、観光マネジメントを地域全体で捉え、事業者の意識改革や各地の魅力向上を図ることなど、様々な分野からイノベーションを起こして行くことが必要ですが、その実現に向け大切なことは、「官民が協調し、同じ方向を目指す」ことであり、まずは先導的なプロジェクトを、地域全体の利益を追求する姿勢を崩さず、一つひとつ着実に実行し「地域の力」を積み上げていくことが求められていると考えています。

私たちの目的は、戦略を作ることではありません。「静岡県東部地域グランドデザイン」から、多くの成長モデルを生み出し、国内外に向けて開かれた、明るい未来が描ける地域を創っていくことです。産官学民の関係者の皆様には、それぞれの専門的な見識と、弛まぬ団結力をいただきながら、共に、新しい静岡県東部地域のあるべき姿を描いていきたいと考えます。どうぞよろしくお願いいたします。

静岡県東部地域グランドデザイン推進支援会 会長 稲田精治


 

静岡県東部地域グランドデザイン推進支援会名簿

(平成26年4月現在)
※各組織のwebサイトにリンクしています

会長 三島商工会議所 会 頭 稲田精治
副会長 裾野市商工会 会 長 渡邊康一
サンフロント21懇話会 運営委員長 伊東哲夫
静岡経済同友会東部協議会 代表幹事 加藤修一
(一社)沼津青年会議所 理事長 園田 勝
伊豆市商工会 会 長 青木喜代司
伊豆の国市商工会 会 長 大沢秀光
函南町商工会 会 長 八木戸一重
清水町商工会 会 長 須田治夫
小山町商工会 会 長 野木文夫
御殿場市商工会 会 長 杉山芳三
長泉町商工会 会 長 白須清一
(一社)御殿場青年会議所 理事長 勝亦敦志
(公社)裾野青年会議所 理事長 永田平正昭
(公社)三島青年会議所 理事長 飯島 映
監事 沼津商工会議所 会 頭 市川 厚
沼津市商工会 会 長 大村保二
参与 静岡県東部地域政策局 局長 滝浪 勇
事務局 静岡経済同友会東部協議会 三輪俊城
竜野輝夫
加藤修一
山田敏博
沼津商工会議所 専務理事
常務理事
木戸英寿
杉山金芳
三島商工会議所 専務理事 坪内祐一

グランドデザイン推進体制